Array
(
    [0] => Array
        (
            [postdate] => 2017年02月28日
            [cd] => 29
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記 第5回   
            [content] => 私がよく聞く装置、主に真空管、とアキュフェーズ主体の切り換え式

メインシステム

レコードプレヤー  ターンテーブル、   テクニクス= SPー15(DDモーター式)
             トーンアーム     東京サウンド= STー14  マイクロ= 機種名 不明
                          本体は手作り
             カートリッジ MC  デノン=103  
                     MM   シュアー=95HE  V15タイプⅢ  オルトフォン
                          グレース= F-8L   オーディオテクニカ=STー3         チューナー      トリオ=KTー5000                                           CD/SACD     アキュフェーズ=DPー78
オープンデッキ    TEAC=Aー4300
             SONY=TCー6900 

真空管アンプ     プリアンプ         山水 AU-111 復刻版 ビンテージのプリ部
 3WAYマルチ    メインアンプ 高音部  手作り   6BQ5 PP  出力=15W 
                       中音部  山水 AU-111 ビンテージのメイン部
                      低音部  ラックスマン MQ-60 2台 (出力改善のため2台)
              チャンネルデバイダー アキュフェーズ Fー15 
トランジスター
 3WAYマルチ   プリアンプ          アキュフェーズ Cー280
             メインアンプ          高音部  アキュフェーズ  Pー370
                       中音部  アキュフェーズ  pー370
                       低音部  ラックスマン   Mー7i
             チャンネルデバイダー   アキュフェーズ Fー15    
             予備アンプ         マークレビンソン MLー2L 2台  
                                                                      マークレビンソン № 380SL                                          
スピーカー      高音用(ツィーター)    フォステック   FF85K  3ケ                      片側        中音用(スコーカー)   フォステック   FF165K 2ケ
             低音用(ウーハー)    フォステック   F405N     2ケ 
             エンクロージャー      手作り 密閉型 ウーハー容積=430ℓ

                               JBL 4344 MKⅡ (バイワイヤー方式)
モニター用      サンスイ SPー6000

真空管アンプ、トランジスターアンプはリレーにて切り換えて使っています。がほとんど真空管アンプで聞いています。
真空管アンプの寿命を考慮して電源電圧はスライダックスで95Vに下げています。
特にMQ-60 の出力管=50CA10はレアもので高価なものです、一応中古ですが4本予備を持っています
出力は少し犠牲になりますが、大音量で鳴らす事は無く充分な音量で再生してくれます。
片側ウーハーが2発あり重低音が再生できます。
トランジスター式はマルチアンプにする時、昔から持っていたテクニクスを低音用に使いそれ以外はアキュフェーズで統一しています。
書面がなくなりましたので、サブシステムは後日列記いたします 
写真は奮戦記第1回を参照ください。   
行がうまく揃えられない。ソフトの関係と思うのですが、スミマセン。、   
家安冨三 
                                                      
                                   

            [image] => ,,
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2017-02-28
            [image_flg] => 0,0,0
            [content_edit] => 私がよく聞く装置、主に真空管、とアキュフェーズ主体の切り換え式

メインシステム

レコードプレヤー  ターンテーブル、   テクニクス= SPー15(DDモーター式)
             トーンアーム     東京サウンド= STー14  マイクロ= 機種名 不明
                          本体は手作り
             カートリッジ MC  デノン=103  
                     MM   シュアー=95HE  V15タイプⅢ  オルトフォン
                          グレース= F-8L   オーディオテクニカ=STー3         チューナー      トリオ=KTー5000                                           CD/SACD     アキュフェーズ=DPー78
オープンデッキ    TEAC=Aー4300
             SONY=TCー6900 

真空管アンプ     プリアンプ         山水 AU-111 復刻版 ビンテージのプリ部
 3WAYマルチ    メインアンプ 高音部  手作り   6BQ5 PP  出力=15W 
                       中音部  山水 AU-111 ビンテージのメイン部
                      低音部  ラックスマン MQ-60 2台 (出力改善のため2台)
              チャンネルデバイダー アキュフェーズ Fー15 
トランジスター
 3WAYマルチ   プリアンプ          アキュフェーズ Cー280
             メインアンプ          高音部  アキュフェーズ  Pー370
                       中音部  アキュフェーズ  pー370
                       低音部  ラックスマン   Mー7i
             チャンネルデバイダー   アキュフェーズ Fー15    
             予備アンプ         マークレビンソン MLー2L 2台  
                                                                      マークレビンソン № 380SL                                          
スピーカー      高音用(ツィーター)    フォステック   FF85K  3ケ                      片側        中音用(スコーカー)   フォステック   FF165K 2ケ
             低音用(ウーハー)    フォステック   F405N     2ケ 
             エンクロージャー      手作り 密閉型 ウーハー容積=430ℓ

                               JBL 4344 MKⅡ (バイワイヤー方式)
モニター用      サンスイ SPー6000

真空管アンプ、トランジスターアンプはリレーにて切り換えて使っています。がほとんど真空管アンプで聞いています。
真空管アンプの寿命を考慮して電源電圧はスライダックスで95Vに下げています。
特にMQ-60 の出力管=50CA10はレアもので高価なものです、一応中古ですが4本予備を持っています
出力は少し犠牲になりますが、大音量で鳴らす事は無く充分な音量で再生してくれます。
片側ウーハーが2発あり重低音が再生できます。
トランジスター式はマルチアンプにする時、昔から持っていたテクニクスを低音用に使いそれ以外はアキュフェーズで統一しています。
書面がなくなりましたので、サブシステムは後日列記いたします 
写真は奮戦記第1回を参照ください。   
行がうまく揃えられない。ソフトの関係と思うのですが、スミマセン。、   
家安冨三 
                                                      
                                   

        )

    [1] => Array
        (
            [postdate] => 2017年02月16日
            [cd] => 28
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記 第4回   
            [content] => 交換針メーカー様からTV出演の御礼として、レコード版のオーディオチェックをいただきました。
CDは持っているのですが、レコード版は無かったのでカートリッジ等のチェックに重宝します
ジャケットを写真にしました。

テストはオーディオ奮戦記第1回、写真のメインシステムで行いました。

カートリッジはオーディオテクニカのST-3 でチェック、、何ですがもう 15Kz ぐらいから、上の方が聞こえません
年のせいですか?(69才です)
アキュフェーズ P-370 の 3マルチのツィッター用の出力メーターは振っているのですが!
ST-3は、STー1と約55年前にオーディオテクニカから発売された初めてのMM式です、安いカートリッジなのですが、愛着もありこの音が大変好きです。
もちろん、針は交換して少し使いまだ新品です。

それでCDチェックに交代、 同じく 15Kz 当たりから聞こえません
マイクを使い、オープンデッキの録音レベルメーターでマイクを使って針の触れ具合で確かめようと思っています。
オシログラフを持っていればいいのですが、ありません。

次の休日に、手持ちのカートリッジ等、本腰いれて、チェックいたします。
重ねて、レコード版のオーディオチェック、ありがとうございました。
家安冨三
            [image] => beb228e7d43347c8333f9e7aefa48f2d.JPG,cd4ddc7e0b8209763ebcd674157a494b.JPG,
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2017-02-16
            [image_flg] => 1,1,0
            [content_edit] => 交換針メーカー様からTV出演の御礼として、レコード版のオーディオチェックをいただきました。
CDは持っているのですが、レコード版は無かったのでカートリッジ等のチェックに重宝します
ジャケットを写真にしました。

テストはオーディオ奮戦記第1回、写真のメインシステムで行いました。

カートリッジはオーディオテクニカのST-3 でチェック、、何ですがもう 15Kz ぐらいから、上の方が聞こえません
年のせいですか?(69才です)
アキュフェーズ P-370 の 3マルチのツィッター用の出力メーターは振っているのですが!
ST-3は、STー1と約55年前にオーディオテクニカから発売された初めてのMM式です、安いカートリッジなのですが、愛着もありこの音が大変好きです。
もちろん、針は交換して少し使いまだ新品です。

それでCDチェックに交代、 同じく 15Kz 当たりから聞こえません
マイクを使い、オープンデッキの録音レベルメーターでマイクを使って針の触れ具合で確かめようと思っています。
オシログラフを持っていればいいのですが、ありません。

次の休日に、手持ちのカートリッジ等、本腰いれて、チェックいたします。
重ねて、レコード版のオーディオチェック、ありがとうございました。
家安冨三
        )

    [2] => Array
        (
            [postdate] => 2017年02月11日
            [cd] => 27
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記 第3回   2月18日、土曜日 夢職人 TV放送
            [content] => 真空管アンプ、3WAYマルチアンプで、アナログレコードの交換針を使ったカートリッジ  TV放送


この2月18日、土曜日の午前11:30~12:00の間に
テレビ大阪「夢職人」で少し放映されます。
また、再放送もあり
2月23日、木曜日 午後23;00から
BSジャパン です。

ある交換針メーカー様の取材でそのユーザーとして実際使っているところ、という内容です
まだ1週間前なので、どういう内容なのか?は分かりませんが、針磨耗で使え無くなったカートリッジが復活します。CDと違い、録音加工されていないアナログレコードの音質の良さが蘇ります。

お時間のある方は是非、観てください。
アナログレコードに針の落とす瞬間、失敗すれば、バリバリ、ドスン等という音が出るのでその緊張感、クルクル回るレコードのメカの面白さ、等云  楽しさいっぱいです。

私もどういう内容なのか?楽しみにしています。
家安冨三

            [image] => ,,
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2017-02-11
            [image_flg] => 0,0,0
            [content_edit] => 真空管アンプ、3WAYマルチアンプで、アナログレコードの交換針を使ったカートリッジ  TV放送


この2月18日、土曜日の午前11:30~12:00の間に
テレビ大阪「夢職人」で少し放映されます。
また、再放送もあり
2月23日、木曜日 午後23;00から
BSジャパン です。

ある交換針メーカー様の取材でそのユーザーとして実際使っているところ、という内容です
まだ1週間前なので、どういう内容なのか?は分かりませんが、針磨耗で使え無くなったカートリッジが復活します。CDと違い、録音加工されていないアナログレコードの音質の良さが蘇ります。

お時間のある方は是非、観てください。
アナログレコードに針の落とす瞬間、失敗すれば、バリバリ、ドスン等という音が出るのでその緊張感、クルクル回るレコードのメカの面白さ、等云  楽しさいっぱいです。

私もどういう内容なのか?楽しみにしています。
家安冨三

        )

    [3] => Array
        (
            [postdate] => 2017年02月09日
            [cd] => 26
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記2
            [content] => 私のオーディオ装置はそれほどお金を掛けず自分の納得する音質を求めています。
また、高額な外国製品ではなく、日本製で統一しています。
ただオーディオの友人がビオラのアンプを購入して、不要になったマークレビンソン MLー2Lを2台いただきました。(2018,04,26 追記帳、この方は2年前にお亡くなりになりました、ほんと残念です。80才と思われます)
一度買ったものは大事に使い、年月が経ってメーカーが修理出来ないものは、自分で修理するか、町の修理屋さんにお願いしています。
その度に新しい装置を購入していればお金がいくらあっても足りません、
私は主に真空管アンプで聞いているので、多少の技術があり、電子部品を交換したり、バイアス調整したり等々で楽しんでいます。

10年位前、SONY TAー1120(1965年発売)の劣化した電界コンデンサーをすべて自分で交換 出力カップリング電界コンデンサーの+、-を逆に間違えて配線、異常電流が流れてパワートランジスター2ケを破壊
メーカーのSONYに電話しても古くて修理不能、トランジスターも在庫無し。で、NETで検索して購入、無事復元して動作しています。
TAー1120は日本で初のソリッドステート(トランジスター)アンプとして売り出されました
取り扱い説明書にはトランジスターは永久保証とあったのですが!!壊れたトランジスターは供給停止とは!
このアンプが約10年前、日本橋の大手販売店の入り口に展示されていたのは感動いたしました。

写真左がSONY TAー1120 もう1枚は交換した電界コンデンサーとパワートランジスター
ほかに、SONY TAー1120F, TAー1150,  3140Fがあり、健在に鳴らしてくれています。

また、ラインケーブルは普通の1m当たり2~3000円ものを使っています。高価な6Nや7Nといった高純度の銅線のものは使っておりません。  ある雑誌に6N,や7Nにこだわらない事、と記載した評論家に賛同しています。 これは銅の純度を表し 6Nは数字9が6ケ(99、9999%) 7Nは7ケ(99、99999%)となります
参考;普通の電気銅線は4N前後 と銅の商社の方から聞きました。

実際、1mのバランスケーブルを25000円で購入して聞き比べ変化は全く感じられません。
銅の純度よりシールドケーブルの絶縁材料が持つ特有のキャパシタンスが音質に影響がある、と考えます。
今回はこの辺で、次回は私の現在のシステムを記載したいと思います
家安冨三
            [image] => 50327e4db380cfdeda09f59dae952b77.JPG,80ed1498494559fe2f309bf9ee33bc27.JPG,
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2017-02-09
            [image_flg] => 1,1,0
            [content_edit] => 私のオーディオ装置はそれほどお金を掛けず自分の納得する音質を求めています。
また、高額な外国製品ではなく、日本製で統一しています。
ただオーディオの友人がビオラのアンプを購入して、不要になったマークレビンソン MLー2Lを2台いただきました。(2018,04,26 追記帳、この方は2年前にお亡くなりになりました、ほんと残念です。80才と思われます)
一度買ったものは大事に使い、年月が経ってメーカーが修理出来ないものは、自分で修理するか、町の修理屋さんにお願いしています。
その度に新しい装置を購入していればお金がいくらあっても足りません、
私は主に真空管アンプで聞いているので、多少の技術があり、電子部品を交換したり、バイアス調整したり等々で楽しんでいます。

10年位前、SONY TAー1120(1965年発売)の劣化した電界コンデンサーをすべて自分で交換 出力カップリング電界コンデンサーの+、-を逆に間違えて配線、異常電流が流れてパワートランジスター2ケを破壊
メーカーのSONYに電話しても古くて修理不能、トランジスターも在庫無し。で、NETで検索して購入、無事復元して動作しています。
TAー1120は日本で初のソリッドステート(トランジスター)アンプとして売り出されました
取り扱い説明書にはトランジスターは永久保証とあったのですが!!壊れたトランジスターは供給停止とは!
このアンプが約10年前、日本橋の大手販売店の入り口に展示されていたのは感動いたしました。

写真左がSONY TAー1120 もう1枚は交換した電界コンデンサーとパワートランジスター
ほかに、SONY TAー1120F, TAー1150,  3140Fがあり、健在に鳴らしてくれています。

また、ラインケーブルは普通の1m当たり2~3000円ものを使っています。高価な6Nや7Nといった高純度の銅線のものは使っておりません。  ある雑誌に6N,や7Nにこだわらない事、と記載した評論家に賛同しています。 これは銅の純度を表し 6Nは数字9が6ケ(99、9999%) 7Nは7ケ(99、99999%)となります
参考;普通の電気銅線は4N前後 と銅の商社の方から聞きました。

実際、1mのバランスケーブルを25000円で購入して聞き比べ変化は全く感じられません。
銅の純度よりシールドケーブルの絶縁材料が持つ特有のキャパシタンスが音質に影響がある、と考えます。
今回はこの辺で、次回は私の現在のシステムを記載したいと思います
家安冨三
        )

    [4] => Array
        (
            [postdate] => 2017年02月07日
            [cd] => 25
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記1
            [content] => このブログは弊社扱いの磁石とはあまり関係ありませんが、オーディオ奮戦記としまして、シリーズ化として連載していきたい、と思います  (実はカートリッジ、CDデッキ、スピーカー等には磁石が使われています) 筆者は、会長 家安冨三(1947年生まれの71才)です。。<br />写真の通りです 私がオーディオに出会ったのは、淀川工業高校電気科卒業後、梅田、阪神百貨店の6階だったと思うのですが、松下電器産業(現、パナソニック)の商品展示場があり、新発売のステレオ「飛鳥」が演奏されていました。 この音の響きに感動を受けたのがきっかけ!となりました。 しかし、飛鳥は定価で125,000円 私の月給が 確か30,000円 とても手が出せる金額ではありませんでした。 では、どうしたらいいのか?結論、作ってしまえばいい! となり、オーディオ奮戦記の始まりとなりました。 当時はまだ真空管アンプの全盛期で、回路図が載った雑誌はたくさんありこれを参考に自作の開始、 毎週の休みは路面電車に乗って部品が集まる日本橋に出向きました。 日本橋の端から端まで散策。100万円もするアンプが世の中に存在するのを知って驚いた記憶があります 最初に作った、ものは、6AR5 PP 出力=6W  自作で一番苦労したのは、ハンドドリルのアルミニューム加工、柔らかい金属ですが以外に大変!シャーシー加工でバリで切り傷の連続、その後 電動式、を8,000円で購入、結構な出費でした。 完成して一回目の電源ONで見事動作、ハム等のノイズは耳を近づけないと聞こえない。優れもの これが、自作の大きな自信となりました。 スピーカーは25㎝と5㎝の2WAY 密閉型 エンクロージャー(箱)は材木屋から板材を購入、ノコギリでゴリゴリ、木ネジ等で制作 レコードプレヤーは圧電素子のカートリッジ, 現在のMM、MCとは比較にならなぐらい音質はよくない。 現在の装置は写真の通り、メインシステム、とサブシステムがあり、主に聞いているのはメインシステム 真空管アンプ3WAYマルチアンプとアキュフェーズ主体の同じ3WAYマルチアンプ スピーカーは手作り、フォステックのオールコーン式、フォステックは中国で生産。これは残念、日本製が欲しかった。 それでは、文章欄、ギリギリなので、続きは次回(1週間以内)に掲載いたします。 家安冨三
            [image] => df0a167203bdd3405cb56f8b36938e4e.JPG,2f69e9849b52b2d95984390f91118323.JPG,92ad79a6de71ca39d1d6f975857ea572.JPG
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2017-02-07
            [image_flg] => 1,1,1
            [content_edit] => このブログは弊社扱いの磁石とはあまり関係ありませんが、オーディオ奮戦記としまして、シリーズ化として連載していきたい、と思います  (実はカートリッジ、CDデッキ、スピーカー等には磁石が使われています) 筆者は、会長 家安冨三(1947年生まれの71才)です。。
写真の通りです 私がオーディオに出会ったのは、淀川工業高校電気科卒業後、梅田、阪神百貨店の6階だったと思うのですが、松下電器産業(現、パナソニック)の商品展示場があり、新発売のステレオ「飛鳥」が演奏されていました。 この音の響きに感動を受けたのがきっかけ!となりました。 しかし、飛鳥は定価で125,000円 私の月給が 確か30,000円 とても手が出せる金額ではありませんでした。 では、どうしたらいいのか?結論、作ってしまえばいい! となり、オーディオ奮戦記の始まりとなりました。 当時はまだ真空管アンプの全盛期で、回路図が載った雑誌はたくさんありこれを参考に自作の開始、 毎週の休みは路面電車に乗って部品が集まる日本橋に出向きました。 日本橋の端から端まで散策。100万円もするアンプが世の中に存在するのを知って驚いた記憶があります 最初に作った、ものは、6AR5 PP 出力=6W  自作で一番苦労したのは、ハンドドリルのアルミニューム加工、柔らかい金属ですが以外に大変!シャーシー加工でバリで切り傷の連続、その後 電動式、を8,000円で購入、結構な出費でした。 完成して一回目の電源ONで見事動作、ハム等のノイズは耳を近づけないと聞こえない。優れもの これが、自作の大きな自信となりました。 スピーカーは25㎝と5㎝の2WAY 密閉型 エンクロージャー(箱)は材木屋から板材を購入、ノコギリでゴリゴリ、木ネジ等で制作 レコードプレヤーは圧電素子のカートリッジ, 現在のMM、MCとは比較にならなぐらい音質はよくない。 現在の装置は写真の通り、メインシステム、とサブシステムがあり、主に聞いているのはメインシステム 真空管アンプ3WAYマルチアンプとアキュフェーズ主体の同じ3WAYマルチアンプ スピーカーは手作り、フォステックのオールコーン式、フォステックは中国で生産。これは残念、日本製が欲しかった。 それでは、文章欄、ギリギリなので、続きは次回(1週間以内)に掲載いたします。 家安冨三 ) )

日本磁石工業株式会社

メニュー
イベント情報
コンタクト
06-6761-1871
アクセス

家安冨三会長のブログBLOG

  1. HOME
  2. オーディオ奮戦記 第5回