Array
(
    [0] => Array
        (
            [postdate] => 2019年02月28日
            [cd] => 81
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記第49回 TA-1120+TA-3120 の2CHマルチアンプ
            [content] => 自分で修理した、SONY、TA-1120とTA-3120で JBL4344 MKⅡを2CHマルチアンプで聞く
チャンネルデバイダー、サンスイCDー5
ソースはCDのジャズ、友人から貰った、女性ボーカル
音量はやや高め
約55年前アンプ群で、チャンネルデバイダーCDー5も(1969年)
感想は現在のアンプには無い音色、と言った所でしょうか?
ハッキリとアキュフェーズ主体の音とは違う、がうまく表現できない。
簡単に言えば、柔らかくて、澄んでいる。昔のアンプは固い!と言われたが、そんな事はこのアンプには無い
自分で修理したのでその達成感もプラスされる。
少し休憩して、オーディオチェックCDで音域を確認
20Hzはコーン紙が揺れるだけで、全く聞こえない。
30Hzからやっと聞こえる
高音は15Kzまでなら聞こえる、私の耳はこれが限界.それ以上は聞こえ無い。
再びCD、ジャンルを変えて「マントバーニーオーケストラ」のポピュラー
今日は、2/23(土曜日) の午後
約3時間、CDを数枚 聞いたが疲れない。
いいアンプだ。
もう少ししたら、修理業者から、同じTA-1120が修理完了する。これは私がオーディオにはまった約55年まえに
購入した第1号機だ、大事に使っている。 修理が完成すれば、TA-1120は2台になる。

写真左 下段左=TA-1120、右=TA-3120(蓋を外している)  上段=CDー5
写真中 JBL4344 MKⅡ 正面
写真右 JBL4344 MKⅡ、裏側2CH切り換え
            [image] => 489093970d12073096b1b8bed0a1a835.JPG,289682068ef33ca34312f8777e3b3a1c.JPG,a7360293b57fe3e2bc6b3f1ce4f5267c.JPG
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2019-02-28
            [image_flg] => 1,1,1
            [content_edit] => 自分で修理した、SONY、TA-1120とTA-3120で JBL4344 MKⅡを2CHマルチアンプで聞く
チャンネルデバイダー、サンスイCDー5
ソースはCDのジャズ、友人から貰った、女性ボーカル
音量はやや高め
約55年前アンプ群で、チャンネルデバイダーCDー5も(1969年)
感想は現在のアンプには無い音色、と言った所でしょうか?
ハッキリとアキュフェーズ主体の音とは違う、がうまく表現できない。
簡単に言えば、柔らかくて、澄んでいる。昔のアンプは固い!と言われたが、そんな事はこのアンプには無い
自分で修理したのでその達成感もプラスされる。
少し休憩して、オーディオチェックCDで音域を確認
20Hzはコーン紙が揺れるだけで、全く聞こえない。
30Hzからやっと聞こえる
高音は15Kzまでなら聞こえる、私の耳はこれが限界.それ以上は聞こえ無い。
再びCD、ジャンルを変えて「マントバーニーオーケストラ」のポピュラー
今日は、2/23(土曜日) の午後
約3時間、CDを数枚 聞いたが疲れない。
いいアンプだ。
もう少ししたら、修理業者から、同じTA-1120が修理完了する。これは私がオーディオにはまった約55年まえに
購入した第1号機だ、大事に使っている。 修理が完成すれば、TA-1120は2台になる。

写真左 下段左=TA-1120、右=TA-3120(蓋を外している)  上段=CDー5
写真中 JBL4344 MKⅡ 正面
写真右 JBL4344 MKⅡ、裏側2CH切り換え
        )

    [1] => Array
        (
            [postdate] => 2019年02月22日
            [cd] => 80
            [blog_category_cd] => 1
            [title] => オーディオ奮戦記第48回 SONY TA-3120
            [content] => このアンプはTA-1120の部品取り用に購入したもので、既にパワートランジスタ 2SD45を4ケ使っている。
しかし、復活させたく2SD45をNETで探すが流石に古くて市場には無い
仕方がなく、2SD181Aを8ケ代用品で購入した。
このアンプはTA-1120のメインアンプをそのままそっくり取り出したものである
発売年月日はTA-1120と同様、1965年 今から55年近く経っている。
さて作業開始
元々は綺麗に鳴っていたので、部品の不良品は無い
ただ、年月が経っているので、劣化部品の電源のコンデンサーの交換から始めた。
交換はTA-1120で要領が分かっているので以外に早く終わった。
パワートランジスタは2SD181Aを8ケに交換後、電機投入すればヒューズが飛んだ。
最初はトランジスタの規格が合わないからと考えたが、規格表からは問題無い
原因はトランジスタと取り付ける放熱板の絶縁が破れていてショートしていた。場所は1ケ所、耐熱テープのカプトンテープで保護した。
いよいよ音出し、電源ONで綺麗に鳴った
さて、これを用いて、TA-1120、TA-3120の2CHのマルチアンプができる
チャンネルデバイダーはこれも古い(1969年発売) サンスイCDー5 を使う
スピーカーはJBL4344 MKⅡ、ウーハー部と切り離して(2CHマルチアンプ)使えるようになっている。
SONYのカタログに世界で初めてのソリッドステートアンプ(トランジスタアンプ)と書かれてある。おまけにトランジスタは永久保証とも!
2/23(土曜日)に繋いで聞いて見よう

写真左 TA-3120の正面
写真中 交換した部品 2SD45は、TA-1120に交換した時の壊れた4ケ(右側の4ケ)
写真右 TA-3120の部品交換終了後の中身

            [image] => b4659ad43258e7a7f8f4d24d07df2317.JPG,9d98de21e9289d408698fb50a458cc69.JPG,6dd70cc8fe199d8cba433431a435a1e5.JPG
            [record_date] => 
            [update_date] => 
            [flg] => 1
            [disp_flg] => 1
            [post_date] => 2019-02-22
            [image_flg] => 1,1,1
            [content_edit] => このアンプはTA-1120の部品取り用に購入したもので、既にパワートランジスタ 2SD45を4ケ使っている。
しかし、復活させたく2SD45をNETで探すが流石に古くて市場には無い
仕方がなく、2SD181Aを8ケ代用品で購入した。
このアンプはTA-1120のメインアンプをそのままそっくり取り出したものである
発売年月日はTA-1120と同様、1965年 今から55年近く経っている。
さて作業開始
元々は綺麗に鳴っていたので、部品の不良品は無い
ただ、年月が経っているので、劣化部品の電源のコンデンサーの交換から始めた。
交換はTA-1120で要領が分かっているので以外に早く終わった。
パワートランジスタは2SD181Aを8ケに交換後、電機投入すればヒューズが飛んだ。
最初はトランジスタの規格が合わないからと考えたが、規格表からは問題無い
原因はトランジスタと取り付ける放熱板の絶縁が破れていてショートしていた。場所は1ケ所、耐熱テープのカプトンテープで保護した。
いよいよ音出し、電源ONで綺麗に鳴った
さて、これを用いて、TA-1120、TA-3120の2CHのマルチアンプができる
チャンネルデバイダーはこれも古い(1969年発売) サンスイCDー5 を使う
スピーカーはJBL4344 MKⅡ、ウーハー部と切り離して(2CHマルチアンプ)使えるようになっている。
SONYのカタログに世界で初めてのソリッドステートアンプ(トランジスタアンプ)と書かれてある。おまけにトランジスタは永久保証とも!
2/23(土曜日)に繋いで聞いて見よう

写真左 TA-3120の正面
写真中 交換した部品 2SD45は、TA-1120に交換した時の壊れた4ケ(右側の4ケ)
写真右 TA-3120の部品交換終了後の中身

        )

)

日本磁石工業株式会社

メニュー
イベント情報
コンタクト
06-6761-1871
アクセス

家安冨三会長のブログBLOG

  1. HOME
  2. オーディオ奮戦記第49回 TA-1120+TA-3120 の2CHマルチアンプ