日本磁石工業株式会社

メニュー
コンタクト
06-6761-1871

等方性フェライト磁石ISOTROPY FERRITE

特徴

フェライト磁石は、他のあらゆる磁石と比較しても、価格/特性のコストパフォーマンスの点で最も優れた磁石です。
そして酸化物であるため化学的に安定していて錆びないという利点もあります。
さらに製鉄の副産物が主原料として使えるメリットもあります。
このフェライト磁石は1955年頃に商品化されて以来40年近くにわたり生産重量、生産金額で主役の座を守って来ました。
フェライト磁石の国内生産は、1993年から金額で希土類磁石に抜かれましたが、
最もポピュラーであらゆる分野で使用されていて、重量では相変わらず No.1を守っています。

フェライト磁石は、二種類に分けられます。

等方性

磁力が弱いがどんな方向にも着磁ができる利点があり一番安価である。

異方性

等方性に比べより強く安定した磁力をもっている。方向(磁場)が決められてます。
(湿式・乾式)
・湿式 ー 微粉砕された仮焼成粉末を水で混ぜた泥状(スラリー)のまま磁界中で成形するのが湿式です。
・乾式 ー 乾燥した粉末のまま磁界中で成形するのが乾式です。

等方性フェライト磁石異方性フェライト磁石

フェライト磁石の磁気特性 (代表例)

材質等方性フェライト
材質グレードHDB-100
残留磁束密度Br210~230mT
保磁力bHc136~152kAm
固有保磁力iHc232~256kAm
最大エネルギー(BH)max7.2~8.8kJ/m3
比重4.80g/cm3

(注)実際の特性規格は形状、寸法、製造条件等により変化します。

上記、等方性フェライトは、プレス品となり取扱いない形状の場合、金型別途必要とします。

サイズ表

金型品(プレス品)

丸型 角型 リング型
径×長さ 長さ×幅×高さ 外径×内径×高さ
φ3×3 4×5.5×20 φ6×φ3×4
φ3×12 9.4×9.4×4 φ6×φ3×4.5
φ4×12 15×10×3.2 φ6×φ3×5.5
φ6×3 20×10×4 φ11×φ8×2
φ6×4 20×10×8 5φ皿穴 φ11×φ8×4
φ8×2.3 22×13×7 5φ穴 φ11.5×φ7×3
φ8×4 30×20×5 φ11.5×φ7×4
φ10×3 50×25×5.5 φ12.4×φ9×3.3
φ10×4 φ13×φ10.3×2.9
φ10×5 φ13.5×φ10.2×2.5
φ12×3 φ14×φ10.3×2.9
φ12×5 φ14×φ9.5×4
φ15×4 φ15×φ5×4
φ15×5 φ15×φ5×5
φ20×4 φ15×φ10.2×2.8
φ20×5 φ16×φ11×3
φ30×5 φ19.5×φ14×3
φ19.5×φ14×4
φ20×φ5.9×4
φ20×φ10×3
φ20×φ12×5
φ20×φ13×5
φ22×φ16×4
φ23×φ16.3×7
φ27×φ16.2×5
φ28×φ5×3.3

※記載されているサイズは、一部ですのでお問合せ下さいますようお願い致します。

CONTACTお問い合わせ

TEL 06-6761-1871
FAX 06-6762-1959

お問い合わせ